会社や関係者を守るため、適切な対応を

会社の経営は、様々な要因によって変動や悪化が生じることもあります。
こうした際に、適切な判断や対処を行なっていないと、取引の停止などによって、もはや会社の存続を選べなくなったり、債権者や労働者との間で紛争や訴訟が生じたり、会社や代表者の資産への差押えなどにまで発展してしまうこともあります。

これらのトラブルの発生を防ぐためには、会社の先行きや今後にご不安を感じるなどした時点ですぐに、会社の破産や再生などに精通した弁護士と面談し、適切な対応について助言を受けながら、解決策を考えていくことが大切です。

経験に基づいた、適切な事件処理

法人の再生や破産は、個人の事案よりも複雑になることが多いため、スムーズに解決のためには、法人の破産再生に経験を持った弁護士に相談する必要があります。

これまで、建設業、製造業、金融業、機械工業や化学工業、商社から小売までの各種販売業、フランチャイズ展開もしているサービス業など、様々な会社や事業者から、破産や再生に関するご依頼をお受けしてきました。業界ごとに事情も様々であり、緊急で手続きを進めたり、苛烈な債権者への対応をしたりなど、やるべきことはその都度異なりますが、常にオーダーメイドの解決を心がけ、穏当な解決を図ってまいりました。

こうした経験を踏まえ、業種ごとの特殊性に応じた、存続策のご提案や穏当な終結への尽力をさせていただきます。

法的手続き以外でも、解決策を検討

これまで行ってきた事業やそこで培われた経験、お付き合いのある方々への影響を考えれば、極力、会社や事業を存続させたい、法的手続きなどの大事は避けたいとお考えになることは、極めて自然なことだと思います。

法的手続きである再生以外にも、事業譲渡や会社分割、M&A、私的整理など、会社や事業を活かすための方法は存在します。また、会社を閉じる方法も、資力によっては、清算などの法的手続きに寄らない方法を選べることもあります。

これまで会社の存亡に関わる場面でご相談をお受けしてきたことから、法的手続き以外での解決のための契約交渉や、各種のリーガルチェック、アドバイスなども行ってまいりました。

こうした法的手続きに寄らない解決も視野に、今後の対応のご相談にのらせていただきますので、破産や再生までの決断はできないという方も、安心してご相談いただければと思います。

PAGE TOP
MENU